• Zig

コンペ優勝者インタビューVol.1

皆さまおはようございます😁今回から数回に分け、11月1日から7日まで開催されたミニコンペ優勝者の方に軽くインタビューしてみたいと思います。


(左)Zigクラス41ポイント&全完登!矢島 浩明さん

(右)Bellクラス39ポイント宮下 拓実さん

お二人の勇姿に拍手👏おめでとうございます🎉


まず今回はZigクラス優勝の矢島 浩明さん。一見するとマッチョで過激派のようなモヒカンの矢島さんですが、実はメッチャ面倒見の良い兄貴分として愛されているキャラです😊初心者にもわかりやすく丁寧にアドバイスをくれたり、面識のない人でも頑張っている姿を見かけると「ガンバッ!ガンバッ!」っと応援してくれます。


Zig「Zigクラス優勝おめでとうございます」

矢島さん「ありがとうございますっ!」


Zig「Zigクラスただ一人全完登の矢島さんですが、クライミング歴は何年くらいになるのでしょうか?」

矢島さん「多分12〜3年くらいかなぁ〜」


Zig「もうベテランの域ですねぇ。クライミングを始めたきっかけは?」

矢島さん「元から身体作りとして筋トレをしていたんだけど、友人に誘われてクライミングを始めてみたらハマりました」


Zig「なるほど。だからこんなにムキムキなんですねw 家やクライミングジムではどんなトレーニングをしていますか?」

矢島さん「ジムではトレーニングエリアでスローパーやカチでぶら下がって負荷をかけて、家では懸垂くらいかな」



Zig「私生活までクライミングに染まっているようですが、矢島さんが思うクライミングの楽しさはなんでしょう?」

矢島さん「登れない時の悔しさ、トライし続けることで少しづつ登れるようになっていくところ、これが何よりも楽しい!」


Zig「あ〜わかります。できない事ができるようになっていく感覚は、他のスポーツではなかなか味わい得ないですよね。では今後の目標を教えてください。」

矢島さん「歳になんて負けないように今よりもっと強くなること!」


Zig「向上心の塊みたいな人ですねwでも歳に負けない!って事はとても大切だと思います。ありがとうございました!」


個人的な印象ですが、矢島さんは「努力の人」だと思います。新しい課題を登るときは設定者の意図を考え、設定者が知るムーブを少しでも吸収しようと自分の得意な動きを抑え、パワーよりテクニックを優先させているように見えます。登るときは足や重心といったテクニカルな要素を鍛え、それ以外のトレーニングとしてフィジカルを鍛えているようです👏私は矢島さんと同じ歳ですが、まさに尊敬できるクライマーの姿だと感じます。


では次回はBellクラス1位の宮下 拓実さんのインタビューです😁お楽しみに!

74回の閲覧