• Zig

脱初心者のための一歩 その1

最終更新: 2019年9月24日

 クライミングの専門書などを読めば多くの情報が取り入れられるかと思います。でも難しいことが書いてあるんだよなぁ( ͡° ͜ʖ ͡°)文字が多くて疲れる・・・そんな方にザックリと、そう、ザックリとクライミング技術向上のお手伝いになればと思います。もっと専門的にレクチャーを受けたい!っという方は店舗で無料講習してますので是非。

 クライミング始めたての方が一番始めに練習する「足の置き方」。クライミングの中で最も重要と考えられている「足使い」のための一歩です。「え?クライミングって腕力重視じゃないの??」っといった声が多く聞こえますが、足使いが疎かだと自慢の腕力のパフォーマンスも引き出せなくなります (笑) まぁ腕力が無くとも技術でカバーできるのがクライミングの楽しさなんですが^^


先ずは初心者の方が何気なくやっている「足置き」はこちら↓

 見事に足が置かれています。ハィ、置かれているだけです。そして一般的なクライマーの足の置き方はこちら↓

 違いがわかりますか?カメラのアングル・・・それも間違ってはいないのですが、答えは「つま先でホールドを捉えているか」っというところです。初心者の方は「え?なんでつま先?」なんて思うかもしれませんが、実はコレとてもとても重要な事なんです・・・文章にするのはちょっと面倒臭い・・・長くなる・・・なのですっ飛ばして簡潔に。

・つま先に力が入り滑りにくくなる

・膝の可動域が増えて動きの幅が広がる

・上手い人っぽい空気が醸し出せる

こんな感じです。(もっと詳しく!っというかたは店長までご相談ください)

 

 クライミングジムのスタッフがサンダルを履いて3級を登っている・・・よく見る光景ですよね。技術があればどんな道具でもある程度の結果は出せる訳で、逆に技術がなければどんなに良い道具を使おうと結果は伴わない。なんとなくそれっぽい事を書いてみましたが、要は基礎練って事ですね^^しっかり足置きができればツルッツルのホールドも、ツブツブのホールドも安心して踏める様になります↓

足置きはつま先を使いましょう!基本的には下の写真でマークされている範囲をメインで使います。

その他はスメアリングで使うことが多い箇所なので、先ずはマークのポイントを意識してみてください。基礎練は地味ですが、ステップアップの為には確実に必要なことです。ガムテープ使って足置きをグングン上達させる方法もありますがまたの機会に!

 

 毎週金曜日20時からZig's Rockでは5.6級講習と題して無料基礎講習を行なっています。タイミングの合う方は是非参加して下さい。9月20日(金)に行われた5.6級講習。クライミング初めての方も参加していますが、皆さん終始笑顔で楽しんで上達していました^^

ではまた( ・ㅂ・)ノシ