​How to TOPO

【トポ?デジタルトポ?】 

 クライミングウォールのマップの事をTOPO(トポ)と呼び、使うホールドや手足の限定、その他注意事項などの指示が書かれています。テープ課題とは違い自由にセッションする事が可能なため、クライマーのコミュニケーションツールとしても有効です。

 Zig's Rockではオリジナルのデジタルトポをご利用いただけます。デジタルトポはジム内でのトポ受け渡しや待ち時間などを短縮するだけではなく、日常生活でも空いた時間にデジタルトポを見る事により脳トレが可能です。

【トポ課題で上達を目指す】

課題を設定する際は、その設定者が持つムーブの引き出しや、経験の中で課題を設定する事が多く、それらにチャレンジするということは、その設定者が「何を考え、何を感じてきたのか」などの感覚を共有し、他のクライマーとセッションする事で互いに伸ばし合う事ができます。

【Zig's TOPOのグレードについて】

 段級グレードを基本とし、設定者以外の完登者が2名以上出た後にグレーディングを行います。そのため「project」と書かれた課題はグレーディング前となります。

​セッションファイル課題
スラブ85°・垂壁90°
ドキドキするようなバランス課題で体幹強化!! 初心者から楽しめます。
​Zig壁110°
パワー系からバランス系まで、初心者から上級者まで一緒に楽しめます。
​どっかぶり135°&148°
​スラブ垂壁とは真逆の動きなので登らないと上達しません! 初級者でもOK!!
​100課題ファイル
スラブ85°
​立ち込み系を中心にジワジワと登る力を養うための課題集
垂壁90°
​バランス系だけではなく、頭を悩ませる課題を中心に作成
​Zig壁110°
​一番人気のZig壁ではダイナミック系もバランス系もOK
​どっかぶり135°&148°
​パワー、足技、保持力など全てを詰め込みました。

​10/4-8ホールド替えとなります。